スポンサーサイト

  • 2015.05.26 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    「嵐にしやがれ」参考の「エッグベネディクト Eggs Benedict」

    • 2012.06.08 Friday
    • 07:15
    嵐にしやがれ エッグベネディクト Eggs Benedict

    エッグベネディクト Eggs Benedict は、
    エッグス・ア・ラ・ベネディクト Eggs a la Benedict ともいう、
    ニューヨーク発祥のアメリカンブレックファースト。
    基本的な作り方は、
    イングリッシュマフィンを2つに割って焼く。
    脂の少ないカナディアンベーコンをカリカリに焼く。
    (厚切りハムでもOK)。
    ポーチドエッグは、湯に塩と酢を入れるのがコツ。
    生卵とゆで玉子の中間くらいの硬さ。
    オランデーズソースは、
    卵黄にお湯(白ワイン)を加え、ほどよい熱を加えながら撹拌し、
    澄ましバターとレモン汁で伸ばし、塩胡椒で味付けしたもの。
    マフィン、ベーコン、エッグを積み、ソースをかけて完成。
    付け合せはポテトフライが一般的で、
    ソースや黄身を付けて食べるそう。

    一度食べに行ったらどういうものかわかります。

    先日の練習に続き、再びエッグベネディクト。

    嵐にしやがれ!「未知との遭遇しやがれ」で、
    マシュー・クラブが松本潤氏に伝授していた
    「エッグベネディクト」をつくってみる。

    材料2人分

    オランデーズソース:
    卵黄2個、白ワイン30cc、焦がしバター(溶かしたバター)125g、
    レモン汁15cc、塩・白コショウ少々、
    ベジマイト(だし醤油、醤油でも可)適量

    卵2個、お酢適量、マフィン2個、厚切りハム2枚、
    クレソン オリーブオイル 白コショウ 適量。

    嵐にしやがれ エッグベネディクト Eggs Benedict

    まずオランデーズソース。
    ボウルに卵黄、白ワインを入れ、
    湯煎しながらツノが立つまで、約3分間、泡立て器で撹拌。
    焦がしバターを加え、さらに混ぜ、マヨネーズくらいの硬さにする。
    レモン汁、塩、白コショウ、隠し味にベジマイトを少し入れ混ぜる。
    (今回バターは表示分量125gより少なめにしました)

    嵐にしやがれ エッグベネディクト Eggs Benedict

    ポーチドエッグを作る。
    90度のお湯を沸かし、お酢を入れ、
    かき混ぜて、うずまきを作り、卵を静かに落とす。
    底にくっつかないよう、スプーンで優しくお湯を動かす。
    約2分間茹でたら、網などでそっとお湯から上げ、水気を切っておく。
    (どろっとするより、しっかりした固さが好みなら3分以上がおすすめ)

    嵐にしやがれ エッグベネディクト Eggs Benedict

    マフィンをオーブントースターで焼く。
    厚切りハムを焼き、表面に焦がしバターを塗る。
    クレソンはよく洗って水気を切っておく。
    マフィンの上に、厚切りハム、クレソンをのせる。

    嵐にしやがれ エッグベネディクト Eggs Benedict

    ポーチドエッグをのせる。

    嵐にしやがれ エッグベネディクト Eggs Benedict

    オランデーズソースをたっぷりかけ、
    仕上げにオリーブオイル 白コショウをかけたら完成。
    写真では、ソースはそんなにたっぷりかけず、
    胡椒は粗びき黒い胡椒で代用。

    嵐にしやがれ エッグベネディクト Eggs Benedict

    本来卵1個につき、マフィン半分が基本だそう。
    フォークとナイフで頂く。
    オランデーズソースはベジマイトなしでも、
    もしくは醤油少しのほうが日本人には合うと思います。

    嵐にしやがれ エッグベネディクト Eggs Benedict

    ポーチドエッグを硬めに作れば、
    マフィンの片割れを上からサンドして、
    手にもって食べられます。
    2分茹でる程度なら、どばっと黄身がでてくるよ。

    レシピどおりだと、
    オランデーズソースが大量にできすぎるので、
    半分でいいかもしれない。
    余ったらマヨネーズのように野菜と一緒に食べたりしてもいい。

    嵐にしやがれ エッグベネディクト Eggs Benedict

    ソースは焼いてもいける。
    エッグなしで、ハムの上にソースを乗せ、
    オーブントースターで焼き、
    上にクレソンを乗せても。

    ベジマイト VEGEMITE

    ベジマイト(VEGEMITE)は、オーストラリアの人気調味料。
    野菜などを煮込んでビール酵母で発酵させた、塩からいペースト。
    常温で保存。同様の商品にイギリスのマーマイトというのもある。

    オーストラリアの方は、主にトーストに塗って食べるという。
    特有の匂いは、好き嫌いがわかれるでしょう。
    ちなみに周りに好きな人はひとりもいない。
    好んで買うわけではないけども、
    自分的には、あの旨味はきらいではない..... ような気がしていた。

    ベジマイト VEGEMITE

    く、黒い!
    久しぶりに食べたら、ううっっ、まzzzzzzzzzzz。
    調味料として隠し味に使うなら、いいのかも。

    JUGEMテーマ:嵐にしやがれ

    スポンサーサイト

    • 2015.05.26 Tuesday
    • 07:15
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << August 2018 >>

      ムービー作ってます

      シドニアの騎士

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM